/

この記事は会員限定です

日立建機、豪で無人運転実験 鉱山向け超大型ショベル

[有料会員限定]

日立建機は2021年度から、オーストラリアの鉱山で超大型油圧ショベルの自律運転に向けた実証実験を始める。現場作業員を減らし、生産性や安全性を高めながら24時間体制で安定操業できるか検証する。同社はすでに鉄鉱石などを運ぶ無人ダンプトラックを実用化している。ショベルも無人化し鉱山向け需要の取り込みを急ぐ。

実証実験ではまず採掘現場と作業ブースを高速通信回線で結び、衝突を回避するための支援システムを活用して37...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り303文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン