ロボット開発で存在感 清掃・教育など用途幅広く

NEXT1000
2020/8/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人手不足や新型コロナウイルス禍による非接触需要の高まりを受け、人の仕事を代替するロボットが相次ぎ生まれている。製造現場だけでなく、清掃や教育など用途は幅広い。研究開発に小回りが利く中堅企業は現場の要望に合った技術やサービスで存在感を高めている。売上高100億円以下の中堅上場企業「NEXT1000」でロボットに関連する企業を紹介する。

人けの無い深夜の羽田空港。床に落ちた細かいごみを拾いながら、床…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]