/

この記事は会員限定です

アップルが拓く「帳簿の世界史」の新局面

一目均衡 編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

米アップルの時価総額が先週、初めて2兆ドルを突破した。「世界一価値のある企業」の市場評価を支えるものは、好業績と積極的な株主還元、さらにビジネスモデルの確かさだ。

加えて、8月10日の日経電子版の拙稿「アップル、時価総額2兆ドルの隠し味」で指摘したように、脱炭素の野心的な目標設定がESG(環境・社会・統治)投資家の支持をひきつけている点も見逃せない。「アップルはESG投資の最大の隠れキャラ」という...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1882文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン