/

千葉市、インフルエンザの予防接種費を助成

千葉市は21日、インフルエンザと高齢者肺炎球菌の予防接種費用を助成すると発表した。発熱患者を減らし、新型コロナウイルスの感染拡大にあたる医療機関の負担軽減を狙う。予算額は3億8000万円程度。9月からの第3回定例会での成立を目指す。

インフルエンザ予防接種の助成対象者は生後6カ月以上65歳未満の市民で、期間は10月1日~12月31日。費用から自己負担額1800円を除いた額に、3000円を上限に助成する。市外の医療機関で摂取を受けた場合も対象となる。

高齢者肺炎球菌については65歳以上の市民で、過去にワクチンを摂取していない人が対象。助成機関は10月1日~2021年3月31日で、自己負担3000円で摂取を受けることができる。生活保護や非課税世帯の人は無料。市内の医療機関で接種を受けることが条件となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン