/

川口の木製玩具メーカー、オンラインで工作教室

小型の木製玩具を製造・販売するこまむぐ(埼玉県川口市)は、ウェブ会議システム「Zoom」を使ったオンラインによる工作教室を始めた。これまでは工場に参加者を集めて開催していたが、新型コロナウイルスの感染が拡大している現状を踏まえ、方式を変更した。

オンラインで玩具作りを指導するこまむぐの小松和人社長(埼玉県川口市)

同社は2003年から主に子供向けの木製玩具を手掛けており、16年に法人化した。毎年夏に本社工場を開放し、予約制で工作教室を開催していたが、今年は密集防止のため、Zoomを使って教室を開いた。20日に開催された工作教室の参加者は5人で、参加者はウェブでの工場見学の後、画像を見ながら玩具作りに取り組んだ。

同社は新型コロナの感染拡大を受け、社員らが在宅で玩具の製造工程を分担し、オンラインで連絡を取りながら製品を完成させるユニークなシステムを構築し、注目を集めた。同社の小松和人社長は「オンラインによる取り組みは新たなビジネスチャンスの可能性を秘めている。今後も内容を改善しながらオンラインによる事業展開を強化したい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン