/

バウムにアレルギー緩和成分配合 高松のルーヴ

菓子製造販売のルーヴ(高松市)は、愛媛大学農学部の協力を得、アレルギー症状を和らげる効果が期待できる成分を含んだバウムクーヘンを商品化した。かんきつ類の果皮に含まれる成分と乳成分を同時に摂取すれば効果的に症状を緩和できるという同大学の研究成果を踏まえ、材料にポンカンと牛乳を使用した。

プレミアムバウムクーヘンは、特別な製法で板状に焼き上げた

商品名は「プレミアムバウムクーヘン」。砂糖の代わりに和三盆糖を使用し、上品な風味に仕上げた。特別な製法により板状に焼き上げた。価格は2000円(税別)で、ルーヴ空港通り店(高松市)とオンラインショップで販売する。

愛媛大などはこの研究成果を活用した製品開発を目指す協議会を設けており、ルーヴも参加している。臨床試験では結膜炎など、スギ花粉などが原因で発症する目のアレルギー症状を抑制することが確認されているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン