京都知事 米軍陽性者の行動履歴開示を

2020/8/21 18:35
保存
共有
印刷
その他

京都府の西脇隆俊知事は21日に記者会見し、新型コロナウイルスの感染が相次いだ京丹後市の米軍経ケ岬通信所に対して「感染者の行動履歴を開示するよう強く求めている」と話した。同施設の関連で感染した関係者はこれまで計15人。米軍関係の感染者の行動履歴は府に明らかにされておらず、広範な検査には至っていない。西脇知事は「公衆衛生上、必要な情報だ」と強調した。

会見する京都府の西脇隆俊知事

7月下旬に同施設で陽性者が発生して以来、米軍は医療専門チームを京丹後市に派遣して、軍人と軍属合わせて最大160人へのPCR検査を進めてきた。ただ行動履歴や濃厚接触者などの情報は開示されていないため、京都府は防衛省を通じて情報提供を要請している。通信所内で働く日本人従業員ら73人に関しては丹後保健所がPCR検査を実施し、既に陰性を確認している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]