/

アグリーンハート、スマート農業を小学生らに紹介

農業生産法人のアグリーンハート(青森県黒石市)は、農業地域商社のオプティムアグリ・みちのく(青森市)の協力を得て、津軽地域の小学生らにアグリーンハートが実践しているスマート農業を紹介した。オプティムアグリ・みちのく社員らの指導のもと農薬散布ドローンの飛行操縦ミニ体験もした。

子どもらに説明するオプティムアグリ・みちのくの社員(青森県黒石市)

自然と人が共生できる社会づくりを目指す一般社団法人「みらいねっと弘前」(青森県弘前市)が、最先端農業の講義をアグリーンハートに依頼して実現した。小学生とその家族など20人以上が参加。アグリーンハートの畑で、あらかじめ設定した3カ所に農薬を想定した水をドローンでまく実演を見学するなどした。

アグリーンハートの佐藤拓郎代表が「ドローンを使いピンポイントで散布することで農薬使用量が10分の1になった」と説明すると、うなずく人もいた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン