/

レナウン「ダーバン」など小泉グループに売却

民事再生手続き中のレナウンは21日、「ダーバン」など5ブランドを同業の小泉(大阪市)グループに売却すると発表した。譲渡は9月30日を予定し、売却額は非公表。肌着製造の子会社についても10月に売却すると発表しており、主要なブランドや子会社のスポンサー選定にほぼめどが立った。今後は来年2月に東京地裁に提出する再生計画の策定を急ぐ。

小泉グループは持ち株会社の小泉の傘下に、婦人服を手掛ける小泉アパレル(大阪市)など複数の事業会社を抱える。レナウンは裁判所の許可を得た上で、ダーバンのほか「アクアスキュータム」「シンプルライフ」などを譲渡する予定だ。

レナウンは機能性肌着を手掛けるレナウンインクス(東京・江東)についても、10月1日にストッキング大手のアツギに譲渡すると発表している。5月の手続き入り後はグループ全体の一括売却を模索したが難航し、ブランドや子会社ごとに売却交渉を進めてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン