/

この記事は会員限定です

栃木の塩原温泉、従業員PCR巡り市と溝 風評懸念

コロナ危機 地方から 観光地はいま(上)

[有料会員限定]

栃木県那須塩原市は10月からホテル・旅館の従業員を対象に新型コロナウイルスのPCR検査を始める。定期的な検査で観光業に対する市民の不安を払拭するのが狙いだが、施設側は陽性者が見つかった場合の風評被害を懸念する。8~9月に実施する試行検査で両者が折り合える制度設計を見いだせるだろうか。

渡辺美知太郎市長がPCR検査の構想を披露したのは7月16日の定例記者会見だった。観光業の新型コロナ感染を不安視する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン