/

この記事は会員限定です

山形でコメのスマート農業

生産・加工のまいすたぁが実験

[有料会員限定]

山形県の庄内地方で、コメの生産性向上に向けたスマート農業の実験が進んでいる。取り組んでいるのはコメ生産・加工のまいすたぁ(三川町)。海外製のトラクターやスマホで状況を把握する水位センサーなどを試し、周辺農家から作業を受託する。近年は庄内地方特有のもち米品種の県外販売にも力を入れている。

「コメ農家の数が減った時に、残った農家の規模拡大をしなくてはならない。将来100ヘクタールの経営をする農家に技術...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン