三菱UFJ、個人向けコロナ債 9月メド1500億円
【イブニングスクープ】

2020/8/21 18:00 (2020/8/22 5:26更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱UFJフィナンシャル・グループは、新型コロナウイルスへの対応を主目的とした社債を個人向けに発行する。調達した資金は売り上げが減少した中小企業や、新型コロナと向き合う病院、製薬会社への融資に充てる。9月中をメドに最大1500億円の発行を目指す。

三菱UFJによると、新型コロナへの対応を目的とした「コロナ債」の起債額は世界で約3180億ドル(約34兆円)にのぼる。これまでの世界での発行は機関投資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]