新種メダカ 私だけの宝 雌雄で数十万円の販売も

コラム(テクノロジー)
2020/8/22 11:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

様々な品種をかけあわせた「改良メダカ」を自ら作り楽しむ人が増えている。手軽さや種類の多さが人気で雌雄セットが数十万円で販売されることもあるという。新型コロナウイルスによる巣ごもり需要も後押しする。生態系を乱すので自然に放てないことから回収する取り組みもある。

金魚のように真っ赤な体やひらひらとした長いヒレ――。東京都町田市の広川正一郎さんの自宅には、数十種類の改良メダカの入る水槽が所狭しと並ぶ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]