/

この記事は会員限定です

楽天、投資加速が導く携帯黒字化とその先

証券部 秦野貫

[有料会員限定]

楽天が携帯電話事業で基地局整備の前倒しを打ち出した。その計画をもとに他社の通信回線を借りる費用や減価償却費などから試算すると、2022年12月期にも同事業が黒字化する可能性が出てきた。償却費のピークもこの時期に早まり、その後の利益拡大もみえやすくなる。コロナ禍で事業環境が不透明になるなか、同社にとってその意義は大きそうだ。

「基地局整備を爆発的スピードで進める」。三木谷浩史会長兼社長は11日に開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1495文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン