/

NEC、アジア結ぶ海底ケーブル受注

NECは21日、シンガポールやマレーシア、インドなどを結ぶ海底ケーブルの敷設プロジェクト「MIST」にシステムを供給することで契約を結んだと発表した。総延長は約8100キロメートルで、2022年末の完成を見込む。最新の光伝送技術を活用し、デジタル投資が加速するアジアの通信環境の整備を進める。

プロジェクトの投資額は約4億ドル(約420億円)で、シンガポールからインドのムンバイやチェンナイまでアジアの6拠点を結ぶ。

アジアではデータセンターの増加や次世代通信規格「5G」の普及、クラウドサービスの拡大などを背景に、通信需要が増加している。

NECはこれまで、アジアを中心に30万キロメートルを超える海底ケーブルの敷設実績を持つ。ケーブルの製造から敷設工事までを一括して手掛け、海底ケーブルの敷設では世界3強の一角を占める。近年はアフリカと南米を結ぶルートなど、アジア以外にも事業を広げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン