/

この記事は会員限定です

コロナ専門家への情報隠し批判 適切な発信が不安緩和

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症の対応を巡り、専門家が国民向けに情報発信する機会が増えている。ただ内容がうまく伝わらず批判される場合も多い。専門家はどのように情報を発信すべきか。国のコロナ対策に加わる専門家らで作る「コロナ専門家有志の会」のメンバーで、伝え方などを助言してきた早稲田大学の田中幹人准教授に聞いた。

――感染者数を推定する数理モデルの可否を巡り、専門家批判が起きました。

「新型コロナの先行きが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1111文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン