ニュース

フォローする

きつい時こそ一歩前へ、元ラグビー日本代表の大野均氏
先輩に聞く

ラグビーW杯
大学
2020/8/23 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラグビー日本代表として最も多くの国際試合に出場した大野均さん(42)が5月、現役を引退した。20年来の選手生活を通じて身にしみて感じたのは、「チャンスはいつ訪れるか分からない」。若者には今、目の前にあることを精いっぱいやりきることが、チャンスをつかむ唯一の方法だとメッセージを送る。

福島県郡山市で生を受けた。ラグビー選手の全盛時にトレーナーから「骨格がしっかりしている。外国人みたいだ」と言われ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする
元ラグビー日本代表の大野均さん

 ラグビー日本代表として最も多くの国際試合に出場した大野均さん(42)が5月、現役を引退した。20年来の選手生活を通じて身にしみて感じたのは、「チャンスはいつ訪れるか分からない」。若者には今、目の前に …続き (8/23)

 昨年のラグビーW杯1次リーグで日本代表はスコットランドを破り8強入り。チケット販売増加にもつながった=共同共同

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の経済効果が大会史上最高の6464億円に達したとの分析結果がまとまった。大会組織委員会から委託された大手国際会計事務所、アーンスト・アンド・ヤング(EY)が2 …続き (6/24)

宝くじ収益金など公金に頼らずとも運営できるかが、次なる課題に(ラグビーW杯の決勝に詰めかけた観客)

 「食品の規制を緩和しました」――。ラグビー・ワールドカップ(W杯)の開催中、大会組織委員会の告知が話題を呼んだ。禁止していた食料品の持ち込みを開幕4日目で認めたのだ。需要の読みが外れて上振れし、売店 …続き (2019/12/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]