/

この記事は会員限定です

バブル崩壊、失われた20年の始まり

学び×平成の経済史(1)小峰隆夫・大正大学教授

(更新) [有料会員限定]

これから5回にわたって平成時代(1989年1月から2019年4月)の経済について考えていく。平成を振り返ることにはいくつかの意味がある。

まず、平成の日本経済は多くの試練に見舞われた。その中の多くの課題、デフレの克服、財政・社会保障改革、人口減少への対応、地方創生などは、未解決のまま令和時代に引き継がれている。平成の課題は現代に生きる我々自身の課題でもあるのだ。

平成時代を学ぶことは、現代経済の新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

学び×平成の経済史

バブル崩壊、金融危機、リーマン・ショック、そして長引くデフレ――。平成の時代に日本経済は大きく変わりました。令和にかけて政権を担った安倍晋三首相が辞任を表明するなど今なお混迷は続きます。旧経済企画庁の出身で「平成の経済」などの著書をもつ大正大学教授の小峰隆夫さんがこの30年あまりの動乱を振り返り、現在に通じる課題や教訓を探ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン