/

オンラインで「セカンドオピニオン外来」横浜市大

横浜市立大学は21日、大学付属の市民総合医療センターでオンライン診療システムを用いたセカンドオピニオンを始めた。カメラやマイクがついたスマートフォンなどを用いて、主治医以外の医師の見解を在宅で受けることができるのが特徴だ。通院の負担軽減や、通院に伴う感染症へのリスク低減などにつなげる。

「オンラインセカンドオピニオン外来」をオンライン診療システムを手掛けるメドレーのシステム「CLINICS」を使って始めた。利用者は電話で予約し、資料の事前送付などを済ませた上でオンラインで受診する。同大によると神奈川県内の病院で初の取り組みで、厚労省の指針を受けて導入した。

横浜市大によると、患者側は体が不自由などの場合でも受診しやすく、自宅でリラックスして受診できるのも特徴だ。病院側も遠方の患者や他院に入院中の人を受け入れられたり、院内感染リスクを抑えられたりするメリットがあるという。泌尿器・腎移植科、炎症性腸疾患センター内科、歯科・口腔(こうくう)外科・矯正歯科の3科で始めており、順次拡大する方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン