/

この記事は会員限定です

つながる車に特許リスク ダイムラー、ノキアに敗訴

[有料会員限定]

通信機能を持つ「コネクテッドカー(つながる車)」に使う通信関連特許について、自動車メーカーが今後多額の使用料負担を迫られる可能性が出てきた。フィンランド通信機器大手ノキアが独ダイムラーを特許侵害で訴えた件でドイツの地裁は18日、侵害を認め差し止めを命じた。他の自動車メーカーにとっても対岸の火事ではない。

ノキアが侵害を訴えていたのは現行の通信規格「LTE」(4G)に関する特許だ。あらゆ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1552文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン