LGD、中国地下鉄に透明有機EL 路線図や広告表示

エレクトロニクス
朝鮮半島
2020/8/21 13:22
保存
共有
印刷
その他

透明ディスプレーを通して車外の様子を見ることもできる(中国深圳市の地下鉄)

透明ディスプレーを通して車外の様子を見ることもできる(中国深圳市の地下鉄)

【ソウル=細川幸太郎】韓国LGディスプレー(LGD)は21日、透明の有機ELパネルを中国の地下鉄車両に搭載したと発表した。大型の窓に路線図や広告を表示できる。液晶と違ってバックライトが不要な有機ELならではの特長を生かした用途を開拓しパネル拡販につなげる。

北京市と広東省深圳市の地下鉄の新型車両に55インチのパネルを搭載した。LGDは中国だけでなく世界各地の鉄道会社や車両メーカーなどと協議しており、透明有機ELパネルを売り込む。

有機ELはバックライトが不要なため画面の背面からの光を透過する透明なディスプレーを実現しやすい。自動車のフロントガラスやサイドガラス、冷蔵庫の扉など様々な用途を検討中という。

大型の有機ELパネルは現時点でLGDだけが量産している。同社によると、地下鉄車両への搭載は世界初という。テレビ向け有機ELパネルは液晶パネルの価格下落の影響もあって、LGDは研究開発や量産投資を回収するだけの十分な利益を得られていない。テレビ以外への応用を広げて収益確保を急ぐ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]