/

この記事は会員限定です

コレステロール値を侮らない リスクで異なる目標値

[有料会員限定]

健康診断でコレステロール値が高いといわれても、症状がなく放置する人も多い。しかし、脂質異常症は動脈硬化を進め、心筋梗塞など命に関わることもある。自分のリスクを知って、早く適切に対処したい。

4~5割は健康診断で脂質異常症

「40~50代の人の4~5割は健康診断で何らかの脂質異常症がある」。国立長寿医療研究センター理事長の荒井秀典氏はこう指摘する。

脂質異常症とは、血液中の脂質のバランスが悪いこと。悪玉コレステロールといわれるLD...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1318文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン