国家公務員、女性合格者2年ぶり減 コロナで試験2度延期

2020/8/21 10:00
保存
共有
印刷
その他

人事院は21日、キャリア官僚(幹部候補)となる国家公務員総合職の2020年度採用試験の合格者を発表した。合格者は1717人で、競争率は9.7倍だった。女性の合格者は511人と全体の29.8%。前年度より1.7ポイント減少したが、過去2番目の高水準を維持した。

出身大学別に見ると、東大が249人でトップだったが、前年度より58人減った。人事院によると、記録の残る1998年度以降で最も少ない。京大が131人、早大90人、北海道大69人が続いた。

20年度の試験は新型コロナウイルスの緊急事態宣言の影響を受けた。第1次採用試験は当初の4月26日から2回延期し、7月5日に実施した。合格発表も例年より約2カ月遅れた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]