/

この記事は会員限定です

自由を守るための不自由 再生迫られる民主主義

パクスなき世界(3)

[有料会員限定]

自由か、安全か。あなたは自ら選択する重みに耐えられますか――。

ノルウェー西部でホテルに勤めるペア・トルスハイムさんは5月、スマートフォンに1カ月前にダウンロードしたばかりのアプリを削除した。「私のプライバシーが守られているのか疑わしかったからです」

エルナ・ソルベルグ首相が「私たちの自由を広げる大いなる一歩」と外出制限の緩和とともにダウンロードを促した。個人の居場所を全地球測位システム(GPS)と近距離無線通信ブルートゥースでつかみ、新型コロナウイルスの感染者が近くにいなかったか追跡する。日本を含め多くの国が採用する手法だ。

データ保護当局が「個人情報の収集とその保存手段を精査する」と表明し、アプリを嫌がる人が増えた。プライバシーを守る仕組みを理解す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り922文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

パクスなき世界

新型コロナウイルスの危機は世界の矛盾をあぶり出し、変化を加速した。古代ローマの平和と秩序の女神「パクス」は消え、価値観の再構築が問われている。「パクスなき世界」では、どんな明日をつくるかを考えていく。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン