/

この記事は会員限定です

ナシ、甘い果汁が暑さ癒やす

[有料会員限定]

夏の終わりが近づき、秋の代表的な果物であるナシが店頭に並ぶようになった。水分が多くジューシーでシャキシャキとした歯触りが楽しめる。秋の果物とされるが、7月から翌年2月まで流通する。

日本ナシは皮が茶色の「赤梨」と黄緑色の「青梨」に二分される。以前は「二十世紀」など青梨が流通量の7割以上を占めたが、現在は赤梨の「幸水」や「豊水」などが主流だ。酸味が少なく糖度が高い幸水などの人気が高まり、関東で栽培...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン