/

トランプ氏元側近のバノン元戦略官逮捕 詐欺容疑

(更新)

【ワシントン=中村亮】米司法省は20日、トランプ米大統領の側近だったスティーブン・バノン元首席戦略官が、トランプ氏の公約実現を目的に集めた資金で不正に利益を得ていたとして、詐欺の疑いで逮捕したと発表した。同日、起訴した。

バノン容疑者はメキシコとの国境沿いの壁建設を支援するためにクラウドファンディングで資金を集めた。報酬を得ていないとしていたが、実際にはペーパーカンパニーや非営利団体を通じて報酬を受け取っていた。

同容疑者は無罪を主張している。500万ドル(約5億3千万円)の保釈金を支払い、20日に釈放された。

バノン容疑者は2016年の大統領選でトランプ陣営幹部を務め、首席戦略官・上級顧問として政権入りしたが、17年に解任されていた。

トランプ氏は20日、バノン容疑者のプロジェクトについて「何も知らない。(壁は)政府がつくるもので、個人がつくるものではない」と語り、関係がないことを強調した。

容疑の舞台となった壁建設はトランプ氏が最も重視する政策の一つ。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン