/

トルコ中銀、政策金利を据え置き 政権の意向くむ

【イスタンブール=木寺もも子】トルコ中央銀行は20日、金融政策決定会合を開き、主要な政策金利の1週間物レポ金利を年8.25%で据え置くと決めた。通貨リラは史上最安値圏で推移しているが、低金利で景気を支えたい政権の意向をくんだとみられる。

リラは昨年末から対ドルで2割近く下落した=ロイター

据え置きは市場予想通りだった。発表後、リラは対ドルで一時、前日比0.8%安と小幅に売られた。

政策金利は足元のインフレ率(12%)を大きく下回り、マイナス金利状態となっている。売り圧力のかかるリラは対ドルで2019年末から2割近く下落している。

中銀は声明で「流動性の(引き締め)策を継続する」と述べた。エルドアン大統領は利上げへの反対を表明しており、中銀は主要政策金利を据え置いたままで、同金利を使った銀行への資金供給を停止し、より高い金利に誘導する実質的な引き締めを進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン