みずほ銀行、紙の通帳発行に1000円 新規口座を対象に

2020/8/21 0:30 (2020/8/21 5:22更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

紙の通帳を有料にするのは大手行でみずほが初めて

紙の通帳を有料にするのは大手行でみずほが初めて

みずほ銀行は2021年1月から、紙の預金通帳を発行する場合に1千円(消費税別)の手数料を取る。新たに口座を開く個人や企業を対象とする。手数料のかからないデジタル通帳との選択制とし、利用者をデジタルに誘導する。ネットバンキングの利用を促しながら経費削減につなげる。

紙の通帳を有料にするのは大手行でみずほが初めて。普通口座や定期口座を1月18日以降に開く人などが対象で、紙の通帳を繰り越す時も1千円を徴収する。70歳以上の人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]