/

この記事は会員限定です

雇用者報酬下げ幅最大 「成長と分配の好循環」止まる

ニッポン急収縮 GDPで読む(3)

[有料会員限定]

日本経済が戦後最悪のマイナス成長に沈んだ4~6月期は、賃金の総額である雇用者報酬も前期比3.7%減と過去最大の落ち込みになった。新型コロナウイルス禍で1人当たりの賃金と雇用者数がともに減った。

物価変動を除く実質の雇用者報酬はリーマン危機後の底だった2009年4~6月期でも2.0%減。統計をさかのぼれる1994年以降でこれまで最も下げ幅が大きかったのは、02年4~6月期の2.2%減だ。当時は失業率...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン