/

JRのお盆の利用客 TDRの舞浜駅は6割減

JR東日本がまとめたお盆期間(8月7~17日)の鉄道利用状況によると、東京ディズニーリゾート(TDR)最寄りの京葉線・舞浜駅の近距離切符(ICカード利用含む)の販売枚数は、前年同期比59%減の22万7000枚だった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、TDRが入場者数を大幅に制限していることが響いた。

千葉支社管内の特急列車の利用人数は、82%減の5万3000人だった。成田空港と都心を結ぶ「成田エクスプレス」の利用人数は98%減の4400人と、世界的な渡航自粛の影響で、深刻な落ち込みとなった。

このほか東京―銚子間を結ぶ総武本線の「しおさい」も60%減の1万5400人にとどまった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン