/

この記事は会員限定です

テスラ向け電池増産、21年6月から パナソニック副社長

[有料会員限定]

パナソニックの佐藤基嗣副社長は20日、日本経済新聞などの取材に対し、2021年6月から米テスラ向けの電気自動車(EV)用の電池を増産すると明らかにした。米工場に新ラインを追加し、生産能力を現在の1割増の年38ギガ~39ギガワット時に引き上げる。テスラのEV販売の拡大に対応する。

テスラに電池を納入する事業は通期での赤字が続いてきたが、佐藤副社長は「新規投資を織り込んだうえで生産性の向上や不良品率の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り398文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン