/

この記事は会員限定です

「客はミナミ敬遠」 お盆の飲食「5割以上減収」6割

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が広がるなか、大阪府の飲食店は出口の見えない苦闘が続いている。約6割の店舗でお盆休みの売上高が昨年に比べ5割以上減った。感染が増えた7月半ば以降、客数が減っている。大阪府が営業時間短縮や休業を要請したミナミは敬遠され、苦戦が目立つ。影響が長期化するなか、「閉店せざるを得ない」という声も漏れる。

「このままでは閉店」

府はミナミの一部地区を対象に20日まで営業時間の短縮や休業を要請。府...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1124文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン