四国のふるさと納税、自治体の7割は寄付額増 19年度

2020/8/20 20:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

四国4県の自治体へのふるさと納税による寄付額は2019年度に184億円となり、18年度に比べ2.4%減った。寄付額が多かった一部の自治体が減少した影響で、10年ぶりに減少に転じた。ただ、市町村別では7割の自治体で寄付額が増え、食品や紙製品の返礼品が人気を集めた。

県別にみると、高知がは97億円(18年度比15%減)と最も多く、愛媛37億円(同37%増)、香川36億円(同11%増)、徳島12億円(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]