牛丼・カツ丼…巨大メニューに外食の苦しい台所事情

日経MJ
2020/8/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外食チェーンでメニューの"巨大化"が進んでいる。吉野家は4月から並盛りの3倍という「スタミナ超特盛丼」を販売し、松屋フーズも史上最大の大きさをうたうカツ丼を7月に発売した。コロナ下で外食を控える人が増えるなか、ボリュームアップでお得感を打ち出して需要喚起につなげたい考え。景気後退期に値下げで危機をしのいできた外食業界。大盛り戦略から、業界の苦しい台所事情も見えてきた。

■牛丼並盛の3倍超

「普通盛…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]