旭川の空き店舗、創作の舞台に 芸術家の力で街に活気

2020/8/20 18:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

芸術家に長期滞在してもらい地域活性化を目指す事業「アーティスト・イン・レジデンス」が北海道旭川市で始まった。家具メーカー向けデザイン企画の野村設計(旭川市)が中心となり、画家、音楽家ら年10人以上を招く。空き店舗を活用して創作の舞台を提供、街づくりに生かす。

旭川版のアーティスト・イン・レジデンス事業では、旭川までの旅費も運営側持ちで、芸術家は生活費、製作費の負担で1カ月近く、自由に創作に励んで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]