/

東京・墨田区、ペイペイ利用で30%還元 商店を支援

東京都墨田区は、接触による感染のリスク低減や商店の販売支援のため、キャッシュレス決済に補助する。区内で10月中にスマホ決済「PayPay(ペイペイ)」で買い物した人に、決済金額の30%をポイント還元する。ペイペイを使った消費喚起策は23区では初めてという。

ポイント還元の対象店は区内の大型店やチェーン店を除くペイペイ導入済みの約2000店を想定している。新たにペイペイを導入して補助の対象となることも可能だ。買い物客が1回当たり受け取れるポイントの上限は3000円相当。1カ月当たりでは1万2000円相当が上限となる。

同区は今回の事業のために3億2000万円の予算を確保した。事業の実施主体は墨田区商店街連合会とペイペイ(東京・千代田)だが、ポイント還元にかかる費用は区が全て負担する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン