パラリンピック進化形

フォローする

パラスポーツに注ぐ情熱 元選手団長・藤原進一郎さん

2020/8/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ふじわら・しんいちろう 1932年岡山県生まれ。大阪市の中学教員の後に、同市の障がい者スポーツセンターに勤務。日本の障がい者スポーツの先駆者とされ、パラリンピック選手団の監督や団長を務めた。2019年度文化功労者。

■ブーメランの置物

障がい者の国際スポーツ大会に30回近く、コーチや監督、役員として参加してきた。パラリンピックに初めて行ったのはコーチとして参加した1980年のオランダ・アーネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

パラリンピック進化形 一覧

フォローする
選手の重心移動や手の力の入り方まで解析して作る(埼玉県寄居町)

 パラリンピックの選手たちを支えるのが、競技用具のメーカーだ。一般アスリート向けに比べ市場は小さく、個人に合わせての開発は手間もかかる。それでも世界に挑もうとする選手たちの力になりたい。東京大会の開催 …続き (11/12)

インタビューに答える「花まる学習会」の高浜正伸代表=共同共同

 パラリンピックの“頭脳戦”を誰もが楽しむ「イケてる球技」に育てたい――。重度障害者向けに考案され、東京大会で実施されるボッチャは、障害の有無にかかわらず誰でも互角に戦えるユニバーサルスポーツとして裾 …続き (11/6)

JR東日本が研修施設の体育館に作ったボッチャのコート=JR東日本提供JR東日本提供

 パラ競技の中で支援企業が急増しているのがボッチャだ。2016年リオデジャネイロ・パラリンピックの団体戦銀メダルで、分け隔てなく誰でも楽しめる共生スポーツとして注目を集めた。4年前は3社にすぎなかった …続き (8/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]