高岡店閉鎖1年の大和、コロナ・衣料品不況で続く苦境 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

高岡店閉鎖1年の大和、コロナ・衣料品不況で続く苦境

[有料会員限定]

百貨店の大和が高岡店(富山県高岡市)を閉鎖して25日で1年になる。不採算店を閉じて収益を改善する戦略だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で香林坊店(金沢市)などの休業を余儀なくされ、2020年3~5月期の連結決算は最終赤字になった。主力の衣料品では経営破綻したレナウンなどのブランドの退店も増えており、先の見えない苦境が続く。

「高岡店を閉店しておいてよかった」。大和の幹部は話す。新型コロナの感...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1492文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません