/

スシロー、お茶カフェに参入 新宿に台湾茶専門店

(更新)
10種類以上の台湾茶を用意する

スシローグローバルホールディングスは「お茶カフェ」の展開を始める。20日、台湾企業と連携し、台湾茶の専門店「Sharetea(シェアティー)」の日本1号店を東京・新宿に開いた。国内では台湾茶の市場が広がっており、20~30代の女性からの支持を取り込みたい考えだ。

「Sharetea」は、台湾発祥の台湾茶専門店だ。アジアやヨーロッパなど世界で500店舗以上展開し、年間1億杯以上を売り上げる。スシローの一部店舗でタピオカドリンクを期間限定で提供している。

日本1号店は、新宿マルイ本館(東京・新宿)に出店した。ストレートティーやフルーツティーなど10種類以上の台湾産の茶葉を使用したドリンクを用意する。価格は350円(税抜き)から。渋みが少なくお茶本来の甘みが出る茶葉を使っている。

台湾企業との合弁会社でカフェを運営するSharetea Japan(東京・千代田)の小林哲社長は「国内では台湾茶専門店は増えており、大きな成長機会がある」と話す。コーヒーが苦手だがカフェは好きといった若年層の需要を取り込みたい考えだ。「幅広い年代からの支持を得て、ティー版のスターバックスジャパンを目指したい」と意気込む。長期目標では、全国500店舗以上に拡大したい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン