新潟で見た「無印」の反骨魂 世界最大店にリアルの意地

日経MJ
2020/8/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高齢化や中心市街地の空洞化、1次産業の衰退……。生活雑貨店「無印良品」を展開する良品計画が、地域の課題解決につながる店づくりを進めている。新潟県上越市に開いた巨大店舗は、地域再生の拠点を目指す。そこには、ネット通販全盛の時代にあっても店舗が生活に不可欠であることを証明しようとする強い意志がある。無印良品の挑戦から、コロナ禍で存在意義が問われる小売業の未来が見えてきた。

■「反骨精神」の表れ

日本海…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]