/

この記事は会員限定です

新潟で見た「無印」の反骨魂 世界最大店にリアルの意地

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

高齢化や中心市街地の空洞化、1次産業の衰退……。生活雑貨店「無印良品」を展開する良品計画が、地域の課題解決につながる店づくりを進めている。新潟県上越市に開いた巨大店舗は、地域再生の拠点を目指す。そこには、ネット通販全盛の時代にあっても店舗が生活に不可欠であることを証明しようとする強い意志がある。無印良品の挑戦から、コロナ禍で存在意義が問われる小売業の未来が見えてきた。

「反骨精神」の表れ

日本海に面する新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン