/

この記事は会員限定です

ANAやJAL、コロナ禍で資本の「安全運転」必要に

グロービス経営大学院教授が「運転資本」で解説

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)と日本航空(JAL)が未曽有の新型コロナショックに直面しています。移動需要の急減で世界中の航空会社が存亡の瀬戸際にあり、タイ国際航空やオーストラリアのヴァージン・オーストラリアも経営破綻に追い込まれています。企業が経営に行き詰まらないよう、不確実性の高い環境ではどれほどの資金が必要なのか、グロービス経営大学院の斎藤忠久教授が「運転資本」の観点から解説します。

【解説ポイント】
・運転資本は業種により必要な規模が異なる
・損益分岐点が高いと有事の経営は厳しい
・航空各社は当面の資金確保が急務
ビジネススキルをもっと学びたい

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン