ANAやJAL、コロナ禍で資本の「安全運転」必要に
グロービス経営大学院教授が「運転資本」で解説

ビジネススキルを学ぶ
2020/8/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ANAホールディングス(HD)と日本航空(JAL)が未曽有の新型コロナショックに直面しています。移動需要の急減で世界中の航空会社が存亡の瀬戸際にあり、タイ国際航空やオーストラリアのヴァージン・オーストラリアも経営破綻に追い込まれています。企業が経営に行き詰まらないよう、不確実性の高い環境ではどれほどの資金が必要なのか、グロービス経営大学院の斎藤忠久教授が「運転資本」の観点から解説します。

【解説ポイ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]