/

この記事は会員限定です

手袋・マスク…海汚す「コロナごみ」 生態系に影響も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い使われたプラスチックが新たな環境問題を起こしている。ごみとなり世界の河川や海で見つかっているからだ。コロナで需要が急増した手袋やマスクの多くに含まれている。細かく砕けて漁業や生態系に影響を与える恐れもある。

「廃プラが漁業や海上輸送、観光などに与える影響は年400億ドルに上る」。国連は7月27日、「コロナごみ」などの海洋への流出に伴う影響予測について公表した。今年のマスクの世界売り上げ予測は2019年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン