/

オントラック、身代金ウイルス被害のデータ復旧

破損データや誤って削除したデータを復旧させる米ケーエルディスカバリ・オントラックの日本法人、オントラック・ジャパン(東京・千代田)は20日、ランサムウエア(身代金要求ウイルス)の被害に遭った企業向けのデータ復旧サービスを25日に日本で開始すると発表した。

自社開発のツールを利用し、バックアップ用のデータにランサムウエアが感染した状況でも重要なデータを復元できるようにした。被害企業に身代金を支払わせるために、通常の業務データだけでなく、バックアップ用のデータもランサムウエアで暗号化する手口が最近目立っていることに対応できるという。標準メニューを利用する場合で診断は約24時間、復旧作業は5~10営業日かかる。料金は個別に見積もる。(島津忠承)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン