/

この記事は会員限定です

被爆ピアノの物語紡ぐ 広響「Akiko's Piano」

[有料会員限定]

広島交響楽団による「平和の夕べ」コンサート。深甚な思いで胸が張り裂けそうになった。いったい、いつどのように人の心の隙間に悪魔が忍び込み、人々の間、国と国の間を引き裂いていったのだろうか(5日、広島市の広島文化学園HBGホール)。

新型コロナ禍で当初のプログラムを変更。藤倉大のピアノ協奏曲第4番「Akiko's Piano」の世界初演に来日予定だったアルゲリッチに代わり、広島出身の萩原麻未が明子の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り522文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン