/

米民主党大会、ハリス氏を副大統領候補に正式指名

(更新)

【ワシントン=中村亮】米民主党は19日の全国大会で、カマラ・ハリス上院議員(55)を副大統領候補に正式指名した。黒人女性を副大統領候補に起用するのは初めて。ハリス氏は指名受諾演説で「異なる人種を束ねられる大統領が必要だ」と強調し、18日に大統領候補に指名されたジョー・バイデン前副大統領(77)の勝利に向けて党の結束を訴えた。

民主党全国大会は中西部ウィスコンシン州ミルウォーキーで17日に始まった。新型コロナウイルスの感染防止を優先し、事実上のオンライン党大会となっている。ハリス氏の指名で正副大統領候補がそろい、共和党の大統領候補に内定している現職のドナルド・トランプ大統領(74)からの政権奪還を目指す。

ハリス氏は指名受諾演説で「私たちがともに望む未来を実現するために黒人や白人、中南米系、アジア系、先住民族といった我々全員をまとめられる大統領を当選させなければならない」と指摘。「ジョー・バイデンを当選させなければならない」と訴えた。

「我が国は外見や出自、愛する相手に関係なくすべての人を歓迎する最愛の共同体であるというビジョンの実現を約束する」と強調。「いま国は(そのビジョンから)遠くかけ離れている」と主張し、人種差別的と受け取られかねない言動が目立つトランプ氏を批判した。「ドナルド・トランプの指導力の欠如で生命や生活が犠牲になった」とも断じた。

政権奪還に向けて党の結束を訴えた=AP

ハリス氏はジャマイカ系の父親とインド系の母親を持つ移民2世。民主党が重視する人種の多様性を体現する存在だ。西部カリフォルニア州の司法長官などを務めて培った論戦力に定評がある。10月には共和党の副大統領候補に内定している現職のマイク・ペンス副大統領(61)とのテレビ討論会が予定されており、注目が集まる。

副大統領候補への正式指名はハリス氏が民主党の将来を担うリーダーの一人になることも意味する。バイデン氏が勝利すれば大統領就任時の2021年1月には78歳と、就任時として史上最高齢だ。同氏は大統領2期目に出馬しないとの観測があり、ハリス氏は有力な後継者になり得る。

ハリス氏とライバル関係にあるペンス氏も選挙活動を着々と進めている。19日には民主党大会が開かれているウィスコンシン州の金属加工会社で演説し「バイデン氏は659日間にわたってウィスコンシン州に来ていないそうだ」と指摘。オンラインでの選挙活動を重視するバイデン陣営を皮肉った。17日にはトランプ氏も同州を訪れており対面での有権者との接触に力を入れている。

米大統領選

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン