伊藤忠、気をもむファミマTOB 相次ぐ価格引き上げ要求

2020/8/19 22:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事がファミリーマートへのTOB(株式公開買い付け)期限を24日に控え、気をもんでいる。ファミマの株価が買い付け価格前後で推移するなか、投資ファンドが同価格の引き上げを要求しているためだ。伊藤忠は要求を拒んでいるが、業績低下に歯止めがかからないファミマの先行きも絡み、気が抜けない展開になりそうだ。

19日のファミマ株は2296円で取引を終えた。7月8日に伊藤忠が発表したTOB価格は1株23…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]