/

トヨタ、小型車米国撤退へ SUVなど売れ筋に集中

トヨタ自動車は米国での小型車販売から撤退する。同国で唯一販売している小型車「ヤリス」について、委託先のマツダが6月に生産を終了しており、販売も在庫が無くなり次第やめる。同社は今後、現地で売れ筋の多目的スポーツ車(SUV)など大型車に経営資源を集中する方針だ。

トヨタは米国で小型車事業から撤退する(販売終了する「ヤリス」)

トヨタが米国内で販売しているヤリスのセダンとハッチバックは、資本・業務提携を結ぶマツダがメキシコ工場(グアナフアト州)で生産し、トヨタに供給していた。トヨタは2019年、米国で小型車「アクア」の販売をやめている。今回、ヤリスの販売も終えることで、トヨタが同国で販売する小型車はなくなる。

米国ではSUVやピックアップトラックと呼ぶ大型車が人気だ。調査会社マークラインズによると、19年の米国の新車市場は1750万台で、そのうちSUVとピックアップトラックは計1126万台と全体の6割以上を占めた。原油価格の下落などを背景に、14年比(779万台)で4割以上も増えている。

一方、SUVタイプを除く小型車に分類される車種の19年の販売台数は26万台と14年(46万台)から4割以上減った。

トヨタの販売状況も同様だ。マークラインズによると、トヨタの19年の米国での小型車販売台数は約2万台と14年比で約6割も減ったが、「RAV4」などSUVやピックアップトラックの販売台数は19年に約145万台と逆に14年比で5割伸ばした。

スペースが限られる小型車は部品配置などの設計が難しく、日本メーカーは技術力を背景に得意としてきた。日本市場では軽自動車とともに引き続き需要は大きいが、大型車志向の強い米国では苦戦が続いていた。

一方、マツダのメキシコ工場はトヨタ向け生産が無くなるため稼働率の維持が課題となる。19年の生産台数は11万6000台で、うちトヨタ向けは2万4000台だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン