/

この記事は会員限定です

香川で交流の場作り 四国財務局職員、接する機会提供

[有料会員限定]

香川県の経営者や学生らが交流する地域の場作りに、汗を流す若者がいる。財務省四国財務局の職員、寺西康博さん(34)は組織の肩書を離れ、個人的な活動として観光や働き方などテーマを設けた交流会を2カ月に一度のペースで企画する。仕事では知り合うことのない人、考えに接する機会を参加者に提供している。

新型コロナウイルスの感染拡大に警戒感が高まっていた5月下旬。金融庁長官だった遠藤俊英氏や高松琴平電気鉄道(高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン