課題解決でリモート会議 島根・雲南市、県外学生と

大学
2020/8/19 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

島根県の東部に位置する雲南市で今夏、地域の課題の解決策を県内外の大学生とオンライン会議を通じて探る試みがあった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で受注が減少した企業をどう立て直すかなど4つのテーマの「ラボ(研究室)」を設置。学生らが1カ月半にわたって地元経営者や住民と交流した。

7日に開催されたラボの最終報告会。「マスクスタンドを開発したらどうでしょう」。同志社大学3年の伊藤亮太さんらは金属加工…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]